ものいう患者~参加する医療を求めて」

 「ものいう患者~参加する医療を求めて」           

【内容詳細】
「4期胃がん」だとわかったとき、著者は医師を辞めて患者になり切ると決めた。後悔しない生き方をするために知っておきたい病との向き合い方。「任せる医療」から「参加する医療」へ。患者に期待される役割とは?

目次 : 第1章 参加する医療とは何か(私の生い立ち/ コンプライアンスとコンコーダンス/ インフォームドコンセントとセカンドオピニオン/ 証拠に基づく医療(EBM)と物語に基づく医療(NBM)/ チーム医療とパートナーシップ)/ 第2章 私的闘病体験から学ぶ(肺気腫発覚/ 胃がん発覚/ パートナーシップの成立/ 胃がん治療の始まり/ ゴールが見えたとき)/ 第3章 参加する医療を実現するために(どうやって主治医を選ぶのか/ 医療に参加する要点)/ 第4章 参加する医療は実現できたか(楽しむということ/ 私が参加した医療とは/ 防ぐことと備えることと)

【著者紹介】
小林俊三 : 名古屋市立城西病院元院長。1940年、満州生まれ。1971年、名古屋市立大学大学院医学研究科修了。名古屋市立大学助教授、名古屋市立東市民病院副院長を経て、2003年、名古屋市立城西病院院長に就任。専門分野は乳腺内分泌外科で、乳がんなどの診療に携わる。第10回日本乳癌学会会長、名古屋市病院局スーパーバイザー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
(「BOOK」データベースより)

【著者のことば】
拙著は私の個人的な体験を中心に構成されておりますが、その主題は、患者参加型医療における患者の役割が単に意思決定の段階に留まるものではなくて、治療の全経過に置いて主体的に振る舞うべき文字通りの主役であることを再確認したものです。

このことを抽象的に論じただけでは真意は伝わり難いと思って自分の体験を例示しました。医療事故をきっかけにして医療不信の声が大きく聞こえる時代に有って、医療をどのように捕え、どのように対処すればいいのかという迷いも多いのではないでしょうか。

手術や重症疾患での入院治療など「患者参加」の難しい状況もありますが、本書で取り上げたような主として薬物による慢性疾患の治療では、患者の主体的な取り組みこそがよりよい医療の実現に繋がる場合も多いのではないかと思っております。

「丸投げしておいて結果だけ批判する」のではなく「主体的に取り組むことによって医療の本質を引き出す」ことがとりもなおさず「医療の信頼」に繋がればとの期待もあるのです。

この種の情報を広く共有して頂くためには、様々なルートを通じて社会に伝わることが必要です。

本書を読まれた、お一人お一人の声が一つにつながり、目指すところへ少しずつ動き出していくことになれば、こんな嬉しいことはありません。

Copyright(c) 2010 2012 All Rights Reserved. Design by Cloud template