乳がん患者になって

   乳がん患者になって 5期ピアサポーター藤田ユキ

がんになったけど、まんざらでもなかったな
 とおもったりしています。
  でも、そう思えるまでには、色々なことがありました。

1.私のがん治療
【2010年】
 1月中旬  中学からの親友ががんで他界
 8月末   自分で左乳房下にしこりを発見
 9月    乳がんと診断される
 10月   部分切除術、左部腋窩リンパ節郭清
 12月   抗がん剤治療開始(計8回)
【2011年】
 9月    最終投与終了
 11月末  放射線治療開始(25回)
【2012年】
 1月   ホルモン治療開始
 現在もホルモン治療中

2.告知されたとき
7333640970_d3af5bb50c_bどうして検診を受けていたのに見つけられなかったの?
何かの間違いじゃないの?
どうして私なの・・・?
私も親友のようになるの?
まだ小学3年の息子がいるのに

どうすればいいのだろう・・・

3.知らないから不安なのかな
 ●乳がんについての本を読む
 ●インターネットで乳がん体験者の体験談をみる
 ●主治医と納得できるまで話す

 親友と私は違う
 同じ乳がんでも一人ひとり違うんだ。

4.抗がん剤はつらい
 ●副作用による脱毛
  大好きな美容院通いができない
  眉毛まつ毛も抜けてメイクしても・・・
 ●白血球減少による口腔内トラブル
  歯肉炎
  口内炎が痛くて食べられない
  親知らずの抜歯後の腐骨による腫れ、のどの痛み、化膿
 ●味覚障害
  食べる楽しみのない4日間×8回
  食欲がないのに、食事を作らなければならない
 ●自分がその時食べたいものが食べられない!
  「抗がん剤中は食べたいものを食べてください」と
  言われても買い物にも行けず、自分で作れないジレンマ
 ●体のだるさ
  家事が思うようにはかどらない
  散らかっていく部屋
  でも、だるくて掃除できない

5.そんな中、支えになったのは
 ●主人が何も言わず、私の愚痴を聴いてくれた
 ●子供が明るく元気だった
 ●ママ友からのメール
  「今度の遠足、よかったらお弁当作るよ!
   1個作るのも2個作るのも同じだから。」
 ●義理の母からもらった御札、お守り
 ●大変なとき三重県から駆けつけてくれた両親
 私はひとりじゃない!!


吹き出し_ステキ抗がん剤治療中・・・看護師さんからのひとこと
「藤田さんはいつもおしゃれにしてて素敵ね。
 私も見習わなきゃ。」
こんないボロボロなのに褒められるなんて
  うれしい!!

6.ピアサポーターになるきっかけ
 ある日、何気なくつけたテレビで
 「がんのピアサポーター」の特集をみる
 私のがん体験を活かせる場所がある!!
 元気を与えてくれた看護師さんのように、
 他のがん患者さんに元気をあげられる人になりたい!

 早速ネットで調べ、NPO法人ミーネットに連絡
 ホルモン治療開始から6ヶ月
   第5期ピアサポーター養成講座を受講
   約90時間の講義 実施研修
 現在、ピア サポーターになり4ヶ月が経過

7333640970_d3af5bb50c_bがんと診断される以前の生活では得られなかった
日々の充足感
どんな時も全力で支えてくれた家族
私の先生、看護師さんたち
ピアサポーターのがん仲間たち、先輩たち
亡くなった親友
すべてに感謝しています。

7.今、がんになって思うこと
 ●無知、無理解が不安をまねく
  患者さんには、情報を解りやすく伝えてほしい。
 ●患者側も学ぶ努力をする
  医療者まかせにしない。自分のがんについて積極的に学ぶべき。
  不満があれば声に出そう。
  多くの声が集まれば、きっと変わっていく。

7333640970_d3af5bb50c_b

一人でも多くのがん患者さんが、
笑って楽しく生きられるように

Copyright(c) 2010 2012 All Rights Reserved. Design by Cloud template