名古屋・栄中日文化センター&NPO法人ミーネット協働「がんサバイバーとして生きる がんと向き合う、乗り越える」 / 治療体験者によるがん相談と交流会「ピアサポーターと話そう!!」

日時:2012年8月5日(日)
会場:愛知県がんセンター中央病院 国際交流センター・大会議室

ピアとは同じ立場や仲間をあらわす言葉。「がんのピアサポート」とは、がんの治療体験者が体験や知識を生かしておこなう相談支援のことです。ミーネットのピアサポーターは、コミュニケーションスキルやがんの基本的な知識を約1年間にわたって学び、名古屋市がん相談情報サロンや愛知県内11ヶ所の  がん診療連携拠点病院で、がん患者さんやご家族のサポート活動に取り組んでいます。 がん対策推進基本法においても「がん患者の相談支援体制を充実するには、がんの治療体験者も相談支援に参加することが必要」と認められ、ピアサポートの充実という目標が明記されました。
がんを体験した立場だからこそ、わかりあえること、アドバイスできることがあります。

●ご相談いただけること(一例)
・がんの悩みや不安を聞いてほしい
・副作用や後遺症の対処について聞きたい
・治療法に迷っている。一緒に考えてほしい
・医師との上手なコミュニケーションの取り方
・同じがん種の人と話したい ※がん種によっては、お引き合わせできない場合もあります。
◆ピアサポーターの心得(一部抜粋)◆
・相談に来られた方の思いを尊重します
・関心事に焦点をあて、十分に話してもらえるよう傾聴につとめます
・悩みや不安に対して、どうすればよいかを一緒に考えます
・個人的な価値観や体験を押し付けるようなことはしません
・個人のプライバシーに関することはけっして他言しません

Posted in: フォローアップ講座

Copyright(c) 2010 2012 All Rights Reserved. Design by Cloud template