banner

新着記事

進化する肺がん治療 進化する肺がん治療 ~学ぶ・正しく向き合う~       
主催:名古屋市・NPO法人ミーネット
日時:平成29年2月25日(土)13:30~15:30
会場:今池ガスビル プラチナルーム(7F)
   地下鉄今池駅下車 10番出口直結

定員:100名(要申込)参加費:無料

お申込みはこちらから
①講演「 肺がんの標準治療と化学療法の新しい話題について」
  愛知県がんセンター中央病院 呼吸器内科 部長 樋田豊明さん
②体験発表「肺がんとの向き合い方~私の場合」
  肺がん体験者・がんのピアサポーター 佐藤純彦さん
③肺がん Q&A:事前に寄せられたご質問に講師が回答します。
進化する肺がん治療について肺がん治療専門医をはじめ、肺がん体験者、がんのピアサポーターが、共に学び考えるフォーラムです。是非ご参加下さい。

がんの集学的治療トピックス 愛知県・名古屋市主催                    
 「がんの集学的治療トピックス(化学療法と高精度放射線治)」

主催:愛知県・名古屋市
日時:平成29年1月28日(土)14:00~16:00
会場:岩倉市生涯学習センター 研修室 参加費:無料
お問合せ窓口:愛知県健康福祉部保健医療局健康対策課
    がん対策グループ 052-954-6326(ダイヤルイン)

【プログラム】※詳しくはこちら
講演1 「がん化学療法の現状 ~ 集学的治療の目指す地平」
 講師:名古屋市立西部医療センター 副院長 妹尾恭二
講演2 「高精度放射線治療の現在地」
 講師:名古屋陽子線治療センター 陽子線治療科部長 荻野治幸
がん治療の技術は年々進歩してきいることから近年普及しつある治療法を知っていただくめ、がんの化学療法び放射線治療を高精度に行う治療法について専門医が説明する講演会を開催します。

第11回がん治療市民公開講座 第11回がん治療市民公開講座                
 がん検診のわからないを聞いてみよう            

主催:名古屋第二赤十字病院 がん診療推進センター
日時:平成29年2月11日(土)14:00~16:30(開場13:30)
会場:名古屋第二赤十字病院 研修ホール
定員:250名(要申込 先着順)参加費:無料
申込締切:2月9日(木)
お問い合わせ窓口:診療情報管理課 052-832-5430(直通)

【プログラム】
14:05~14:50 1.肺がん 2.胃がん 3.大腸がん
15:00~15:45 4.前立腺がん 5.子宮がん 6.乳がん
15:55~16:25 質問コーナー
質問コーナーでは、皆様の日頃の「わからない」に担当者がお応えします。是非、ご参加下さい。

 NHK首都圏ネットワーク シリーズ「がんと生きる」(4)
 認知症とがん 併発の課題とは 放送されました      

放送日:平成28年11月10日(木)
放送時間:午後6時10分~ 午後6時52分

ベテラン・ピアサポーターの伊藤和直さんがご親族の治療・生活を支えた体験をNHK首都圏ネットワークのシリーズ「がんと生きる」でが関東地方で放送されました。
NHK ONLINE@首都圏のホームページにて放送内容を見ることができます。是非、ご覧ください。
●NHK ONLINE@首都圏


がん患者・家族に対する相談支援事業
 愛知県「がん患者・家族に対する相談支援事業」      
 がんサポート・ほっとライン               

がんのピアサポーターによる電話相談です
こんな時にご利用ください

 ●がんの不安や悩みを聞いてほしい
 ●地域の医療機関の情報を得たい
 ●がんの患者会に出てみたい
 ●同じがんの体験者と話したい
電話番号:052-684-8686
実施日:毎週火曜日・月1~2回土曜日(詳しくはこちらから)

実施時間:10~12時、13~16時
*事前のご予約をおすすめします。
本事業は、がんのピアサポート活動団体であるNPO法人ミーネットが愛知県から委託を受けて実施しています。

 がん専門医による相談と助言                
担当医:愛知県がんセンター名誉総長 大野竜三先生      

ご自身やご家族のがんに関して、日ごろの疑問、診断、治療法 (先進医療・治験・免疫療法・代替療法・サプリメントなど)、腫瘍マーカー、治療の副作用、がん検診の結果、望ましい受診病院などについて相談し、専門的な助言が受けられます。
1回約45分かけて、忙しい主治医には聞きにくい疑問や情報などについても、じっくり相談できます。大野先生は、浜松医大内科教授、愛知県がんセンター病院長・総長、日本癌治療学会会長などを歴任された、がん薬物療法の専門家です。完全予約制ですので、主催者のNPO法人ミーネット事務局☎052-252-7277まで
詳細はご連絡ください。

B型・C型肝炎ウイルス検査の結果が陽性であった方へ  B型・C型肝炎ウイルス検査の結果が陽性であった方へ      初回精密検査・定期検査費用助成のご案内          
お問い合わせ:お住まい所管する県保健所又は愛知県健康対策課
愛知県では、保健所及び市町村が実施するB型・C型肝炎ウイルス検査の結果が陽性であった方のうち、次に該当する方を対象に、肝炎ウイルスの初回精密検査又は定期検査を受けた際の医療費を助成しています。 なお、検査費用の助成を受けるためには、フォローアップへの同意(同意書の提出)が必要となります。 フォローアップについて、詳しくは愛知県健康対策課(TEL:052-954-6626)に問合せください。 助成対象項目及び検査費用の請求に必要な書類等、その他の詳しい内容については、次のホームページをご覧ください。 あいち肝炎ネットワークのホームページ

WeCan!! 2015年5月21日(木) 中日新聞掲載             
 がんサバイバーのためのラジオ「ラジオピアサポートWeCan!!」
企画・制作:NPO法人ミーネット
◆試聴はこちらから
◆新聞記事はこちらから
ミーネットでは、ファィザー市民創造プログラムの助成を受けて、平成26年から「中堅世代 がん体験者のためのインターネットラジオ」の制作・配信に着手しています。「がんと向き合いながら、自分のため、社会のために必要な仕事や活動を続けていくにはどうしたらよいか」をテーマに、インターネットラジオならではの双方向性を生かしながらリスナーと一緒に考えています。その取り組みが注目され、今回、中日新聞に掲載されました。

第2回 新刊紹介「ものいう患者~参加する医療を求めて」     
小林俊三 著 幻冬舎
第10回日本乳癌学会会長をつとめた乳がん治療の専門家
小林俊三氏が、自らの胃がん体験を通じて上梓した書
肝転移のあるⅣ期胃がんの治療と向き合う中で、医師をやめて患者になりきることを決意し、いま求められる患者参加の医療について提言した。
「チーム医療」「患者が主役の医療」などと言われて久しいが、患者参加の医療について具体的な形が示されているわけではない。
患者・医師、双方の立場から考察される本書の提言をもとに、すべての人々が考えたい問題である。
※本書の内容はこちら
amazon楽天紀伊国屋seven_logo

無題ステージⅢbの肺がんと向き合いながら多くの人々を励まし支えた鈴木真弓さんの活動をご紹介します(ボタンをクリックして下さい)

ピアサポート関連更新情報

2016年07月26日 第9期ピアサポーター養成講座/日程のご案内
2016年06月11日 2016/ 6/ 8 豊橋市民病院で院内ピアサポートがスタートしました
2015年08月22日 第8期ピアサポーター養成講座について
2014年09月08日 2014/ 9/ 8 名古屋第二赤十字病院で院内ピアサポートがスタートしました
2014年09月02日 2014/ 9/ 2 岡崎市民病院で院内ピアサポートが始まりました

その他の活動更新情報

2017年01月16日 市民公開講座・相談会等のお知らせ
2016年11月15日 「がんと生きる」お話と交流会
2016年10月03日 We Can!! がんを 知る 集う 歩く
2016年09月26日 名古屋・栄中日文化センター&NPO法人ミーネット協働 「がんのピアサポート入門」5回シリーズ
2016年09月10日 大切な人材を がんから守る 支援する

The main activities ミーネットのメイン活動

banner がん治療体験者を対象に、全90時間のピアサポーター養成講座を実施しています

ピアサポーター養成講座

banner ミーネットは名古屋市と協働で「がん相談情報サロン・ピアネット」を運営しています

がん相談情報サロンの運営

banner
愛知県内15の拠点病院と連携し、ピアサポートによる相談支援に取り組んでいます

ピアサポート活動

Copyright(c) 2010 2012 All Rights Reserved. Design by Cloud template