ピアサポーター養成について

ミーネットのがんのピアサポート活動

   「がんのピアサポート活動とは」

 「がんのピアサポーター」は、がんの治療体験者が体験からの学びを活かし、がんにかかった方々の悩みや不安を傾聴し、ともに考える役割です。身近な相談役として当事者および医療機関からもニーズは高く、NPO法人ミーネットでは、「名古屋市がん相談情報サロン・ピアネット」および愛知県内16の「がん診療連携拠点病院」でピアサポートによる相談支援活動を実施しています。
 がん領域のピアサポートは、これまで患者団体などによる自主的な取り組みとして行われてきましたが、2011年度には、厚生労働省のピアサポーター育成事業として予算化され、「がん総合相談に携わる者に対する研修プログラム」が策定されました。以降、全国でがんのピアサポーターの養成が進んでいますが、医療関係者の中にも、まだピアサポートの具体的なイメージがわかないという声もあります。
 NPO法人ミーネットは、2007年からピアサポーター養成に着手。2018年4月現在166名のピアサポーターが講座を修了し、行政や医療機関と連携協力を図りながら相談支援活動を進めています。この実績と経験をもとに、今後、がん医療のなかでどのような役割を果たし得るのかを考えながら、がんのピアサポート活動を紹介します。

*画像をクリックすると大きくなります

 

  がんの「ピアサポーター」が誕生するまで

 ピアサポートは、がん患者の不安や悩みを軽減するための有効な方法として、2012年6月に施行された「第二次がん対策推進基本計画」※にも、その必要性が明記されています。現在、全国の地方公共団体等で、 ピアサポーター養成研修が実施されていますが、養成期間は2日程度から1年間まで、かなりのバラつきがあるといわれています。
 がんの悩みは多層的であり、時間の経過とともに変化します。また、同じがん種であってもがんの状態や患者自身の価値観などによって、がんの悩みは異なるもの。「がんの個別性」に配慮しつつ、相談者をミスリードすることなく共に問題解決の方法を探るために、学ぶべきことは実にたくさんあります。
 様々なサポートを受けながら局面を乗り越えてきたがんの当事者が「サポートする」立場のピアサポーターとしてデビューするまでをご紹介します。

※第二次がん対策推進基本計画
 がん患者の不安や悩みを軽減するためには、がんを経験したものもがん患者に対する相談支援に
 参加することが必要であることから、国と地方公共団体等は、ピア・サポートを推進するための
 研修を実施するなど、がん患者・経験者との協働を進め、ピア・サポートをさらに充実するよう
 努める。

  NPO法人ミーネット ピアサポーター養成講座の流れ *参考:第10期プログラム

*画像をクリックすると大きくなります

  NPO法人ミーネット ピアサポーターの心得15カ条と対応基準

*画像をクリックすると大きくなります

  行政や医療機関との連携協力で進めるピアサポート活動

[ピアサポート実施医療機関の声]
 名古屋記念病院 副院長 伊奈研次さん(2009年6月 愛知県内で初めて院内ピアサポートを導入)

 医学は進歩していますが、現状では残念ながら治らないがんもあり、患者さんは病気とうまく共存していく必要があります。ピアサポーターは、がんの正しい知識とともに共存の知恵を持っています。また、闘病中のかたもいますので、相談者にとっては自分と同じ、あるいは自分より厳しい状況にある人が他人のためにボランティアをしている姿は、まさに“生きた教材”であり、医療者も感動を覚えます。ピアサポートの内容を主治医が直接知ることはないのですが、相談後、治療に前向きになった患者さんもいます。
 ミーネットのピアサポーターのように、がん医療の知識をもちながら、患者さんの気持ちも考えてくれる存在は稀有だと思います。今後、全国に広がっていくと思いますが、質の担保が必須です。医療機関として取り入れていく、あるいは主治医として患者さんにピアサポーターへの相談を勧めるにあたっては、その団体等がしっかりしたリーダーシップのもとにピアサポーターの養成とフォローアップをきっちり行い、適切な相談記録も残せるような体制があるか、相談にあたるかたの人柄はどうか、などを見極める必要があるでしょう。

ピアサポーター(養成講座修了者)による相談対応のメリット
1. 患者・家族が医療者に相談しない(できない)悩みや不安を吸い上げてくれる
2. 傾聴するだけでなく、問題解決のためにともに考えてくれる
3. 医療機関とは異なる第三者の立場で中立的な意見を述べてくれる
4. 患者が治療に前向きに取り組めるよう話を進めてくれる  
5. 地域のがん医療資源を熟知している           

■NPO法人ミーネット 医療機関内ピアサポート活動(院内ピアサポート実施病院)
*画像をクリックすると大きくなります

名古屋市がん相談情報サロン ピアネット (名古屋市とミーネットの協働運営)
名古屋市中区大須4-11-39 川本ビル2F
℡ 052-243-0555   Fax 052-243-0556
◆開館日時:火~土曜日 10:00~16:00 ◆休館日:月・日・祝祭日・年末年始

Copyright(c) 2010 2012 All Rights Reserved. Design by Cloud template