名古屋・栄中日文化センター&NPO法人ミーネット協働「がんサバイバーとして生きる がんと向き合う、乗り越える」 / Q2 どのようにして始めたのですか?


①名古屋市がん相談情報サロン・ピアネット

ミーネットは、公共施設として誰もが利用できる「がんの情報収集や相談支援の場」が必要であると名古屋市議会などに請願を続けていました。一方で、名古屋市は患者のQOLを重視したがん対策を「苦しまないがん治療の推進」として打ち出し、がん治療に伴う相談支援の充実が議会でも論議され、名古屋市独自のがん相談と情報提供の施設を開設することが市議会で決議されました。09年2月、協働先が公募され、審査によってミーネットに決定しました。

②愛知県内16のがん診療連携拠点病院など
2009年から愛知県内のがん診療連携拠点病院を中心に、ピアサポートによる相談支援の依頼を受けるようになり、現在16病院で定期的に活動しています。草の根活動の継続から生まれたネットワークと信頼関係の賜物にほかなりません。

Posted in: ミーネットのピアサポート活動について

Copyright(c) 2010 2012 All Rights Reserved. Design by Cloud template